お知らせ

2019/12/23

永朋舎事務所 移転のご案内

歳末多端の折、会員の皆様にはお元気でご活躍のことと存じます。本年もいよいよ押し詰まりましたが、この度前事務所のビルの建て替え工事完了に伴い、下記の住所に移転して12月5日(木)より新装となりました事務所にて営業致します。

移転先: 〒107-0052 東京都港区赤坂六丁目3番13号 ドゥ・サム赤坂202号
電話 03-3589-2513・FAX 03-3589-2539

永朋舎事務所 年末年始の休業案内

  • 令和元年12月28日(土)~令和2年1月5日(日)
  • 新年初顔合わせは令和2年1月14日(火)午後2時より行います。

※休業期間中の急用のご連絡は椋梨会長宛にお願いします。

令和二年度永朋舎新年懇親会開催のご案内

日 時: 令和2年2月16日(日)午前11時受付 正午開宴
会 場: ホテル雅叙園東京「舞扇の間」
東京都目黒区下目黒1-8-1 電話03-3491-4111
交 通: JR・地下鉄目黒駅下車3分
会 費: 11,000円

※会員の皆様には万障お繰り合わせの上、ご出席下さいますようご案内申し上げます。

賛助店めぐり・今月の絵献立【2019年12月号】

賛助店めぐり

今月の絵献立

(公社)日本全職業調理士協会 第39回「日本料理全国大会」開催

 (公社)日本全職業調理士協会主催恒例の第39回日本料理全国大会が、令和元年9月25日(水)東京都台東区池之端の東天紅上野店にて開催されました。  本会より自由出展に渡邉厚、高橋勇二、郷土料理出展に原田健司、料理コンクール出展に堀籠卓也の4氏が出品し、郷土料理部門で原田健司氏が国土交通大臣賞を受賞しました。

農林中金目黒分室で秋の賞味会

 永朋舎恒例の秋の賞味会が去る10月5日(土)午後1時より東京都品川区上大崎4-5-10 農林中央金庫目黒分室にて30名が参加して開催され、一色憲治料理長による秋の献立「楓蔦黄 文字遊び懐石崩し」を賞味しました。文字遊びと題した独特の献立名や虫籠の演出、器使い等に学ぶ点も多く有意義な勉強会でした。

《出席者》椋梨会長、伊藤光雄、松本昇、飯塚均、白根重雄、中川鋭紀、五島淳、大谷智秀、栗原治、山本昇、富田正藤、岡部政史、加藤允人、清水祐治、牧美貴也、橋本幸延、日比野隆宏、藤田亨、玉木良和、小田切英昭、小野寺甚五郎、大川幸男、唐澤健太、小川武志、大池宏和、石戸春樹、新島大輝、外池勇人、角田朗、古間木光一。

秋のレクリエーションBBQ開催

 去る10月20日(日)午後4時よりJR目黒駅東口のアトレ目黒1B館4F BBQPITに於いて永朋舎の秋のレクリエーションの一環としてバーベキュー大会が開催されました。一部家族連れも含めた若い会員50名が参加し、アットホームな雰囲気の中で終始賑やかに行われました。

本会賛助会員 ホテルカデンツァ光が丘 開業25周年

 本会賛助会員ホテルカデンツァ光が丘(東京都練馬区高松5-8)では、10月17日午後6時30分より、開業25周年を迎えて地元の方をはじめとする約400名のお客様を招待し、「ホテル開業二十五周年謝恩パーティ」を開催されました。会より椋梨会長、堀最高相談役、玉木良和事務室長が出席しました。

 1994年(平成6年)4月に「第一ホテル光が丘」として創業し、開業10周年を機に名称を「ホテルカデンツァ光が丘」に変更しました。ホテル内のレストラン3店舗、パティスリーはすべて直営で、開業以来練馬区内唯一のシティホテルとして多くの地元のお客様に愛されています。直営店「日本料理むさしの」は本会執行役員渡邊勝氏が料理長を務め長年に亘り技術を発揮されています。

2019/11/18

令和二年度永朋舎新年懇親会開催の予告

日 時: 令和2年2月16日(日)午前11時受付 正午開宴
会 場: ホテル雅叙園東京「舞扇の間」
東京都目黒区下目黒1-8-1 電話03-3491-4111
交 通: JR・地下鉄目黒駅下車3分
会 費: 11,000円

※会員の皆様には万障お繰り合わせの上、ご出席下さいますようご案内申し上げます。

《会員登録事項変更についてのお願い》

現在、会員各位には入会時に住所、勤務先等を登録させていただいておりますが、次の事項に変更がありました場合はそのつど、速やかに事務所までお知らせ下さい。

  • 個人の住所及び電話(携帯電話も含む)
  • 勤務先の店名、住所、電話、FAX番号

※ご通知をいただけませんと連絡事項等の事務処理、会の運営に支障をきたしますのでぜひご協力をお願いいたします。

賛助店めぐり・今月の絵献立【2019年11月号】

賛助店めぐり

今月の絵献立

令和元年度 関西調理師永朋舎定期役員総会を開催

 令和元年度関西調理師永朋舎・株式会社永朋舎の第26期定期役員総会が去る9月26日(水)午後2時30分より目黒区下目黒のホテル雅叙園東京4階孔雀の間に於いて開催されました。

 総会は椋梨会長はじめ各役員32名(委任状57名含め89名)が出席して行われ、五島淳理事長の司会進行で始まり、会則の議長選出に従い椋梨会長が選任されて議長席に着き、下記の議案に沿って進行しました。第一部決算報告に引き続き、第二部役員会議案が栗原治幹事長の司会進行で行われました。

第一部(第二十六期)決算報告
一、平成三十年度決算報告
 ・株式会社永朋舎収支決算報告
 ・関西調理師永朋舎収支決算報告
 ・関西調理師永朋舎互助会会計報告

第二部 役員会議案
一、関西調理師永朋舎新役員の発表
一、新会員紹介
一、調理師業務従事者届
一、第二十六期の出来事と年末迄の事業予定

 初めに「株式会社永朋舎収支決算報告」について会計事務所の近藤先生から報告があり、これに対し監査役伊東光雄運営相談役が監査報告を行い、可決承認されました。次に「関西調理師永朋舎収支決算報告」が橋本幸延会計部長よりなされ、監査役菊池昌一郎副会長が監査報告を行い承認されました。次に山本昇総務部長より「関西調理師永朋舎互助会会計報告」があり、いずれも満場一致で可決成立し、第一部を終了しました。第二部役員会議案は役員改選の時期にあたり、新役員の発表があり、可決承認されました。その他、新会員の紹介等の議案の説明があり、令和元年度定期役員総会が滞りなく終了し、栗原治幹事長の閉会の辞をもって散会しました。

《総会出席者》
椋梨外喜男、堀義和、伊藤光雄、松本昇、菊池昌一郎、飯塚均、中川鋭紀、渡邊勝、五島淳、川崎和宏、栗原治、山本昇、富田正藤、加藤允人、清水祐治、橋本幸延、岡部政史、三浦健二、玉木良和、田中雅之、郡司守雄、藤田賀久、日比野隆宏、青木信啓、野澤武、富樫塁、山田剛、小田切英明、原田健司、藤野竜也、南雲幸夫、菊地光雄、近藤会計事務所。

2019/10/24

公益社団法人 日本料理研究会本部料理講習会
本会副会長 飯塚均師範が講師を担当します

日 時: 令和元年11月6日(第一水曜日)午後2時~
講 師: 飯塚均師範(浅草ビューホテル)
会 場: 東京ガス・厨BO汐留 東京都港区東新橋2-14-1 NBFコモディ汐留2階

※会員の皆様にはお誘い合わせの上多数のご来場をお待ちしております。

永朋舎「秋のレクリエーションBBQ」のご案内

日 時: 令和元年10月20日(日)16時より
場 所: アトレ目黒1 B館4F BBQPIT)JR目黒駅東口下車
会 費: 4,000円 家族 1,000円

※申込み方法 永朋舎事務所に電話またはFAXでお願いします。

賛助店めぐり・今月の絵献立【2019年10月号】

賛助店めぐり

今月の絵献立

2019/09/24

(公社)日本料理研究会月例料理展示会
本会厚生部長 岡部政史技術理事が出品します

日 時: 令和元年9月14日(土)9時00分~13時00分
出展者: 大田和伸夫・近藤正彦・清水祐治・永野 勝
会 場: (公益社団)日本料理研究会研修室 東京都中央区築地2-15-15-201 電話03-3545-1651

※会員の皆様にはお誘い合わせて多数のご来場をお待ちしております。

秋の味覚を楽しむ二大企画に参加しましょう
永朋舎「秋の賞味会・農林中金目点分室」のご案内

日 時: 令和元年10月5日(土)13時より
場 所: 農林中央金庫目黒分室 品川区上大崎4-5-10 JR/地下鉄目黒駅下車ドレメ通り
会 費: 12,000円(税・サービス料込み・飲み放題)
定 員: 25~30名

※申込み方法 永朋舎事務所に電話またはFAXでお願いします。

永朋舎「秋のレクリエーションBBQ」のご案内

日 時: 令和元年10月20日(日)16時より
場 所: アトレ目黒1 B館4F BBQPIT)JR目黒駅東口下車
会 費: 4,000円 家族 1,000円
定 員: 25~30名

※申込み方法 永朋舎事務所に電話またはFAXでお願いします。

賛助店めぐり・今月の絵献立【2019年9月号】

賛助店めぐり

今月の絵献立

2019/08/22

公益社団法人日本全職業調理師協会主催
第39回 日本料理全国大会(食育展)に3名が出店

日 時: 令和元年9月25日(第4水曜日)10時30分~15時00分
出展者: 〇自由出店 渡邉 厚(金田中 庵)、高橋勇二(ホテルカデンツァ光が丘)
〇郷土料理 原田健司(ホテルアンビエント蓼科)
〇技能コンクール 堀籠卓也(ホテル雅叙園東京)
会 場: 東天紅上野店三階 鳳凰の間 東京都台東区池之端1-4-1 電話03-3828-5111

※会員の皆様にはお誘い合わせの上多数のご来場をお待ちしております。

令和元年度 永朋舎定期役員総会のご案内

日 時: 令和元年9月26日(木)14時30分より
会 場: ホテル雅叙園東京 3階「孔雀の間」 東京都目黒区下目黒1-8-1 電話03-3491-4111(代)
交 通: JR山手線・メトロ・地下鉄目黒駅下車、行人坂を下って3分。権之助坂を下って5分。

※追ってご通知申し上げます。役員皆様のご出席をお待ちしております。

賛助店めぐり・今月の絵献立【2019年8月号】

今月の絵献立

公益社団法人日本料理研究会主催
第60回日本料理夏の祭典(青年部)

 公益社団法人日本料理研究会主催・農林水産省後援、一般財団法人日本食生活文化財団、ヤマサ醤油株式会社協賛による第六十回「日本料理夏の祭典」が去る7月21日(日)午前10時より、千代田区大手町サンケイプラザ4階ホールに於いて開催されました。本会青年部は秋の風物詩「名月・すすき、萩、秋風」ををテーマにした「名月やすすきに萩と秋の風」の表題で、中秋の名月(十五夜の月)を背景に芒見立ての野に前菜、お椀、煮物、台の物を各四品ずつ展示し、献立は三浦健二青年部長が担当しました。

○夏の祭典製作者=青年部長 三浦健二、郡司守雄、新井徹、藤田賀久、唐橋孝典、加藤秀樹、日比野隆宏、小野寺甚五郎、富樫塁、藤野竜也、鮭川英司、佐久間勇太、福士正人、石戸春樹、山﨑大、名取秀人、野澤武、石井昌男、小田切英昭、原田健司、細田吾郎、村山直樹、醍醐弘之、山田剛、木村顕康、高木和也、唐澤健太、中島耕平
技術指導=技術部長 加藤允人(ホテル雅叙園東京)

2019/07/18

暑中御見舞申し上げます

令和元年 盛夏 関西調理師永朋舎
会長 椋梨外喜男 他 役員一同

夏期休業日のお知らせ

今年も下記の通り、当会事務所の夏期休業日を実施させていただきます。

  • 8月13日(火):休業
  • 8月14日(水):休業
  • 8月15日(木):休業
  • ※8月16日(金):平常通り営業致します。

賛助店めぐり・今月の絵献立【2019年7月号】

賛助店めぐり

今月の絵献立

(公社)日本料理研究会令和元年度 定時総会・懇親宴ホテル雅叙園にて開催

 公益社団法人日本料理研究会(三宅洋子会長)の令和元年度定時総会・懇親宴が去る6月19日(水)目黒区下目黒の本会賛助店ホテル雅叙園東京に於いて開催されました。

関西調理師永朋舎新入会員歓迎会行う

 関西調理師永朋舎新入会員の歓迎会が去る6月20日(木)午後2時より目黒区下目黒のホテル雅叙園東京「ペガサスの間」にて椋梨会長はじめ会員役員合わせて18名が参加し開催されました。

第七回「永朋舎ゴルフコンペ」開催

 去る6月26日(水)第七回永朋舎ゴルフコンペが千葉県木更津市茅野七曲909のザ・カントリークラブ・ジャパンのコースで開催されました。快晴に恵まれた絶好のゴルフ日和で会員・商社30名が参加して行われ、友好商社有限会社祝繁の秋葉雅章氏が優勝しました。

2019/06/18

(公社)日本料理研究会主催
第六十回 日本料理夏の祭典開催のご案内

「名月や すすきを添えて 秋の風」(永朋舎青年部表題)

日 時: 令和元年7月21日(日)午前10時~15時まで
会 場: 東京大手町「サンケイプラザ4階ホール」 電話03-3273-2258
交 通: 東京メトロ大手町駅またはJR東京駅下車
後 援: 農林水産省
協 賛: 一般財団法人日本食生活文化財団・ヤマサ醤油株式会社

※会員の皆様にはお誘い合わせの上ご来場いただきますようご案内申し上げます

永朋の定番・持ち寄り料理「旬感」に参加しませんか

本会技術部・企画部・編集部を中心に各部と青年部が総力を上げて取り組んでいる「旬感」は他誌には見られない唯一無二の定番企画となっています。「前菜・御椀・焼物・煮物・揚物・酢の物」の料理を分担し、思い思いの作品を持ち回りの会場に持参し、それを賞味しながら忌憚のない意見、感想を述べ合い料理人同士で切瑳琢磨する勉強会を行なっています。

つきましては、今後は趣向を変えて、会員の皆様にも料理を見るだけではなく、実際に試食していただくことになりましたのでお知らせ致します。参加ご希望の方は編集部または事務所までお申込み下さい。

賛助店めぐり・今月の絵献立【2019年6月号】

賛助店めぐり

今月の絵献立

東京会館「日本料理八千代」で賞味会

 永朋舎恒例の賞味会が去る5月15日(水)午後1時より、本年1月にリニューアルオープンした千代田区丸ノ内の東京会舘2F「日本料理 八千代」にて行われ28名が参加しました。

 鈴木直登料理長による「入梅時の喰切料理 今と昔」と題した献立で、日本料理の伝統と真髄に触れる季節の逸品が提供されました。

2019/05/20

第七回 永朋舎「ゴルフコンペ」のご案内

青葉若葉の美しい季節となり、お忙しい頃とは存じますが、第七回永朋舎「ゴルフコンペ」を下記の要領で開催することになりました。会員皆様のふるってのご参加をお待ちしております。

日 時: 令和元年6月26日(水)
会 場: ザ・カントリークラブ・ジャパン
〒292-0202 千葉県木更津市茅野七曲905 電話 0437-53-2111
スタート: 午前8時
会 費: プレー費 16,120円(昼食代、ドリンク代等は自己負担となります)
当日、参加費 3,500円(パーティー代含む)を徴収させていただきます。

※参加ご希望の方は永朋舎事務所または幹事加藤までご連絡下さい。

《会員登録事項変更についてのお願い》

現在、会員各位には入会時に住所、勤務先等を登録させていただいておりますが、次の事項に変更がありました場合には、そのつど速やかに事務所までお知らせ下さい。

  • 個人の住所及び電話(携帯電話も含む)
  • 勤務先の店名、住所、電話、FAX番号

※ご通知をいただけませんと連絡事項等の事務処理、会の運営に支障をきたしますのでぜひご協力をお願いいたします。

賛助店めぐり・今月の絵献立【2019年5月号】

賛助店めぐり

今月の絵献立

公益社団法人 日本料理研究会主催
第三十二回 全国日本料理コンクール開催

 (公社)日本料理研究会(三宅洋子会長)主催による恒例の第三十二回全国日本料理コンクールが去る3月13日(水)千代田区大手町のサンケイプラザ4階ホールに於いて開催されました。本会からは7名が出品しました。

2019/04/23

永朋舎事務所 ゴールデンウィークの営業案内

今年度のゴールデンウイークは、新天皇の即位による5月1日の改元に伴い、4月27日(土)から5月6日(月)までの10連休となりますので、本会事務所も下記の通り10連休とさせていただきます。

  • 平成31年4月27日(土):休業
  • 平成31年4月28日(日):休業
  • 平成31年4月29日(月):休業(昭和の日)
  • 平成31年4月30日(火):休業(国民の休日)
  • 平成31年5月1日(水):休業(皇太子殿下即位・改元)
  • 平成31年5月2日(木):休業(国民の休日)
  • 平成31年5月3日(金):休業(憲法記念日)
  • 平成31年5月4日(土):休業(みどりの日)
  • 平成31年5月5日(日):休業(こどもの日)
  • 平成31年5月6日(月):休業(振替休日)

※5月7日(火)より平常通り営業します。
※休業期間中の休養は椋梨会長宛にご連絡願います。

賛助店めぐり・今月の絵献立【2019年4月号】

賛助店めぐり

今月の絵献立

平成三十一年度 永朋舎新春の集い及び受賞祝賀会

 関西調理師永朋舎「新春の集い及び受賞者祝賀会」が協力商社を招き、去る2月17日(日)正午より目黒区下目黒の本会賛助店「ホテル雅叙園東京」舞扇の間において開催されました。

 昨年秋の盛大な創立二十五周年記念式典のこともあり、恒例の懇親会とは趣向を変えて平成三十年度の受賞者を祝う「新春の集い」の看板の下、会場は250席を越える円卓で埋まりました。

 定刻通り司会進行役 飯塚均副会長の司会で始まりました。開会に先立ち2月8日に急逝された当会名誉顧問堺屋太一先生の死を悼み黙祷を捧げました。

 椋梨会長が年頭の挨拶に登壇し、出席者への感謝の意を述べるとともに「団塊の世代」「巨人・大鵬・卵焼き」などの名言を残された当会名顧問堺屋先生のご冥福をお祈りした後、高橋運営相談役ら昨年度表彰受賞者の栄誉を称えました。

 次に、平成30年度の感謝状授与に移り、下記の通り感謝状と記念品が各々椋梨会長から手渡されました。

一、感謝状授与

○天皇陛下より
 春の黄綬褒章受章 高橋良明

○厚生労働大臣より
 卓越技能者「現代の名工」 松本 昇

○(一財)日本食生活文化財団主催
 「食生活文化賞」 栗原 治

○(公社)日本料理研究会主催「第三十一回全国日本料理コンクール」
 「日本型食膳部門」 名取秀人、仲田 勇
 「現代日本料理部門」 山田 剛、高木和也、大池宏和
 「郷土料理部門」 唐津健太

○(公社)日本全職業調理士協会主催「第三十八回 日本料理技能向上全国大会」
 「自由出展」 依本 新、野澤 武
 「郷土料理」 古間木光一
 「技能コンクール」 望月勇紀

一、花束贈呈

一、受賞者謝辞 高橋良明

 以上をもって感謝状授与式が済み、五島淳理事長が第一部閉会の辞を述べて式典を終了しました。

 休憩時間を挟み、第二部の懇親会は栗原治幹事長が開宴の辞を述べて始まり、商社代表として(株)和田久 和田昇三会長が祝辞を述べられました。

 乾杯の挨拶とご発声は、水無月会の中村昌次氏が務めました。このあとステージではしばし余興が行われ、三味線演奏(史佳)の余興を楽しみました。中手締めの音頭は新潟中央調理師会の村松寛喜氏が行いました。このあと例年同様、ホテル雅叙園東京ご自慢の和洋中のメニューが用意され、会場の両側に設けられたショーキッチンによる和の握り寿司、天ぶら、洋食のローストビーフ、中華の海老チリソース等に行列ができ、豊富なドリンクとデザートの数々を堪能しながら和気藹々とした雰囲気に包まれました。

 宴もたけなわの頃、懇親会名物のクジ引きの大抽選会が加藤允人技術部長の司会進行で行われ、賛助会員及び商社のご提供による高級料亭やホテル等のペア食事券、次回懇親会無料招待券のほか本鮪や牛肉、ワイン、メロン、干物等の豪華景品に一喜一憂し、場内が一層盛り上がりました。

 終始和やかな雰囲気のうちにも閉宴の時間となり、富田正藤編集部長が閉会の辞を述べてお開きとなりました。

2019/03/26

公益社団法人 日本料理研究会主催
第三十二回 全国日本料理コンクール「日本料理文化の今日と明日」

日 時: 平成31年3月13日(第二水曜日)10時30分~15時00分
出展者: 「郷土料理」景山賢一(ネオ・オリエンタルリゾート)
「現代日本料理」藤波允耶(雅灯)/木村敦士(ロイヤルパインズホテル浦和)
「日本型食膳」佐久間勇太(浅草ビューホテル)/小田切英昭(金田中)
会 場: 大手町サンケイプラザ 4階ホール 東京都千代田区大手町1-7-2 電話03-3273-2258
交 通: 東京メトロ丸ノ内線、地下鉄東西線大手町駅または東京駅下車

※会員の皆様にはお誘い合わせて多数のご来場をお待ちしております。

《会員登録事項変更についてのお願い》

現在、会員各位には入会時に住所、勤務先等を登録させていただいておりますが、次の事項に変更がありました場合には、そのつど速やかに事務所までお知らせ下さい。

  • 個人の住所及び電話(携帯電話も含む)
  • 勤務先の店名、住所、電話、FAX番号

※ご通知をいただけませんと連絡事項等の事務処理、会の運営に支障をきたしますのでぜひご協力をお願いいたします。

賛助店めぐり・今月の絵献立【2019年3月号】

賛助店めぐり

今月の絵献立

平成三十一年度 永朋舎新春の集い及び受賞祝賀会開催

 昨年度の表彰受賞者を祝う永朋舎新春の集いは去る2月17日(日)目黒区下目黒のホテル雅叙園東京舞扇の間に於いて250名を越す出席者に恵まれ、賑やかに開催することが出来ました。

 「黄綬褒章」の高橋良明運営相談役(1864)、「現代の名工」の松本昇副会長(新ばし金田中)、「食生活文化賞」の栗原治幹事長(虎ノ門ヒルズ・ルーシーズ)の各受賞者に椋梨会長から賞状と記念品が手渡されました。詳細は次号に掲載します。

計報 本会名誉顧問堺屋太一先生が急逝

 作家・エコノミストで本会名誉顧問の堺屋太一先生(元経済企画庁長官)が去る2月8日(金)多臓器不全のため逝去されました。葬儀告別式は2月17日港区南青山の青山葬儀所で営まれ、会より椋梨会長が16日のお通夜に参列しご香料を添えてご冥福を祈りました。17日は永朋舎の新春懇親会と重ったため参列が叶いませんでした。

 堺屋先生は昨年10月21日、帝国ホテルでの当会創立二十五周年記念式典に出席されて挨拶し、人材派遣業として永朋舎が果たしている役割は重要で、日本の食文化を支えるために今後の活躍に大いに期待したいと、未来を予測された祝辞内容でした。日本の高度成長を占う「団塊の世代」の名付け親で「巨人・大鵬・卵焼き」の流行語等を生み、大阪万博を成功させ、55年ぶり二度日の万博が決定した矢先の旅立ちとなりました。

2019/02/20

平成三十年度 本会 高橋良明氏「黄綬褒章」・松本昇氏「現代の名工」・栗原治氏「食生活文化賞」 受賞祝賀会 開催のご案内

日 時: 平成31年2月17日(日)午前11時受付 正午開宴
会 場: 目黒雅叙園「舞扇の間」
東京都目黒区下目黒1-8-1 電話03-3491-4111
交 通: JR・地下鉄目黒駅下車3分
会 費: 11,000円

※会員の皆様には万障お繰り合わせの上、ご出席下さいますようご案内申し上げます。

公益社団法人 日本料理研究会主催
第三十二回 全国日本料理コンクールに5名が出品します

日 時: 平成31年3月13日(第二水曜日)10時30分~15時00分
出展者: 「郷土料理」景山賢一(ネオ・オリエンタルリゾート)
「現代日本料理」藤波允耶(雅灯)/木村敦士(ロイヤルパインズホテル浦和)
「日本型食膳」佐久間勇太(浅草ビューホテル)/小田切英昭(金田中)
会 場: 大手町サンケイプラザ 4階ホール 東京都千代田区大手町1-7-2 電話03-3273-2258
交 通: 東京メトロ丸ノ内線、地下鉄東西線大手町駅または東京駅下車

※会員の皆様にはお誘い合わせて多数のご来場をお待ちしております。

賛助店めぐり・今月の絵献立【2019年2月号】

賛助店めぐり

今月の絵献立

(一財)日本食生活文化財団 平成三十年度 食生活文化賞
本会 栗原治幹事長が受賞

 (一財)日本食生活文化財団(三田芳裕理事長)の平成三十年度食生活文化賞の授賞式が昨年11月9日台東区上野・上野精養軒にて行われ、本会栗原治幹事長が食文化の発展に貢献した功績により食生活文化賞を受賞しました。

(公社)日本料理研究会月例料理展示会
本会副会長 菊池昌一郎師範が出展

 「睦月 春待月の喰い切り料理」

平成三十一年 新年初顔合わせ

 永朋舎恒例の新年初顔合わせは平成最後の正月明けの1月11日(金)午後2時半より、当会事務所にて行われました。

 椋梨会長の発声で祝杯を上げ、年頭の挨拶があり、次の節目となる三十周年に向けて第一歩を踏み出しました。さしあたり2月17日(日)に開催する昨年度の受賞者3名を称える会員のみの祝賀会に協力を求めました。

 当日の出席者=椋梨会長、堀相談役、加藤允人、橋本幸延、山本昇、三浦健二、高橋良明、松本昇、飯塚均、栗原治、岡部政史、日比野隆宏、山田宗孝、青木信啓、玉木良和、福士正人、藤田亨、武政一之、掃部亮、湯川太秀、角田、鈴木(以上順不同)。

2019/01/23

平成三十年度 本会 高橋良明氏「黄綬褒章」・松本昇氏「現代の名工」・栗原治氏「食生活文化賞」 受賞祝賀会 開催のご案内

日 時: 平成31年2月17日(日)午前11時受付 正午開宴
会 場: 目黒雅叙園「舞扇の間」
東京都目黒区下目黒1-8-1 電話03-3491-4111
交 通: JR・地下鉄目黒駅下車3分
会 費: 11,000円

※会員の皆様には万障お繰り合わせの上、ご出席下さいますようご案内申し上げます。

(公社)日本料理研究会月例料理展示会
本会厚生部長 岡部政史技術理事が出品します

日 時: 平成31年2月16日(第3土曜日)9時00分~13時00分
出展者: 岡部政史(永朋舎)、駒村哲男(長野)、尾留川元章(甲州屋本家)、望月照晃(道友会)
会 場: (公益社団)日本料理研究会研修室 東京都中央区築地2-15-15-201 電話03-3545-1651

※会員の皆様にはお誘い合わせて多数のご来場をお待ちしております。

賛助店めぐり・今月の絵献立【2019年1月号】

賛助店めぐり

今月の絵献立

年頭のご挨拶

謹んで新年のご挨拶を申し上げます。

 年も改まり会員の皆様にはつつがなく希望に満ちた初春を迎えられましたことと心よりお慶び申し上げます。

 さて、関西調理師永朋舎の創立二十五周年記念式典・祝賀会を昨秋10月21日に帝国ホテルに於いて盛大に開催することができました。これもひとえに会員はもとより多くの賛助店、商社、友好団体等関係者の皆様のご支援ご協力の賜物であると深く感謝申し上げる次第であります。

 ご来賓の皆様方には会報二十五周年記念号を飾っていただきました上に、当日ご丁重なるご祝辞を頂戴致し、四半世紀に及ぶ会員一同のたゆまぬ努力が実りました。この上はさらなる展望を抱き、未来に向かって邁進する思いを強く致しました。今後におきましては、賛助会員、友好商社の皆様には旧年中のご交誼に深謝申し上げますと共に、本年も倍旧のご厚情を賜りますよう伏してお願い申し上げる次第です。

 昨年の世相を表す漢字に「災」の字が選ばれました。異常気象による西日本の集中豪雨、連続台風、北海道胆振地方地震と立て続けの災害に見舞われた一年を象徴する一字でありました。流行語大賞には平昌オリンピックで活躍したカーリング女子チームが交わした「そだねー」が選ばれました。日本の台所も築地から豊洲市場に移転し、55年ぶりに開催が決まった2025年の大阪万博、そしていよいよ東京オリンピック・パラリンピックが来年に追ってまいりました。5月には平成から新元号へ代わり、時代も大きく変化する年になりそうです。

 今年の干支は亥(猪)年。亥の刻は草木でいえば生命の力が種子の内部に宿るとともに新しい生命となる日を待つ状態を表しております。

 結びにあたり賛助店並びに友好商社、また会員の皆様方の変わらぬご支援、ご協力をお願い申し上げ、併せて皆々様のご健勝ご多幸を祈念申し上げまして、年頭のご挨拶と致します。

平成31年己亥 元旦
関西調理師永朋舎 会長 椋梨外喜男

永朋舎創立二十五周年記念式典・祝賀会 帝国ホテル東京孔雀の間にて盛大に開催

 関西調理師永朋舎創立二十五周年記念式典は、昨年10月21日(日)正午より、東京都千代田区内幸町1-1-1の帝国ホテル東京に於いて開催され、北は北海道から南は九州まで孔雀の間を埋め尽くすように600人を超える全国関係諸団体、賛助店、協力商社、友好団体等の皆様のご来臨を賜り厳粛かつ盛大に行われました。

 司会者のナレーションとともに式次第に則り、本会松本昇副会長が登壇し「この度は関西調理師永朋舎二十五周年記念式典・祝賀会のご案内を差し上げましたところ、全国よりかくも盛大にご臨席賜り、会員・役員一同感謝感激の気持ちで一杯でございます。それでは只今より開催させていただきます。」と開会の辞を述べて始まりました。

 初めに名誉顧問堺屋太一先生(作家・エコノミスト・元経済企画庁長官)が挨拶し「関西調理師永朋舎は、日本の食文化に多大の貢献をされております。調理師の派遣業とともに日本料理の味と作法と雰囲気の伝承に尽力されてこられました。近年、外国人観光客がふえておりますが、日本では買物以外に楽しみがないという声があり、ものづくりの国として当然ではありますが、豊かな日本文化を育ててきた日本にとってはいささか残念な評価であります。日本料理は調理師の料理と作法が融合したもので、調理とサービスが一体となって提供されるものです。問題は深刻な人手不足にありますが、今後において永朋舎が人材派遣業として果たしておられる役割は誠に重要なことであります。永朋舎が今後ますます発展し、日本の食文化を支え、ひいては日本文化を全世界に広められることを期待してやみません」と期待を込められました。

 次に、業界団体より濱田家主人・明治座社長・一般財団法人日本食生活文化財団理事長三田芳裕様が挨拶し、「永朋舎様と食生活文化財団とのつながりは創立の頃から椋梨会長はじめ役員の皆様にお世話になっております。食生活文化財団は食生活文化の保存、伝承、普及、発展と社会的地位の向上を目的に昭和55年に設立されました。主な事業として食生活文化賞の表彰制度があります。今年度は発酵食品の「醤油」を取り上げて主要メーカーにご協力いただきシンポジウムを行いました。今月は道場先生の懐食みちばで美食会を開き、醤油のお話を伺いました。11月には表彰制度の食生活文化賞の授賞式がございます。椋梨会長には平成13年に金賞を受けていただきました。ほかにも永朋舎の会員様は大勢の方が食生活文化賞を受賞されておられます。今後とも、私どもと力を合わせて食生活文化の発展のために貢献できればと思います」と期待を寄せられました。

…続きを読む

調理師の求人・求職

二〇二二年

二〇二一年

二〇二〇年

二〇一九年

二〇一八年

二〇一七年

二〇一六年

二〇一五年

二〇一四年以前のお知らせは以下からご確認ください。