賛助店めぐり

今月の賛助店 「新ばし金田中」

 今月は新橋演舞場に隣接し、その「東をどり」の歩みと共にある日本を代表する高級料亭「新ばし 金田中」(社長岡副真吾様)にご協力いただきました。

 金田中は戦前、仕出し料理を営むお茶やでした。大茶屋「田中屋」の仲居頭金子とら様が大正時代に独立された際、「金田中」と名付け、その後は新橋五軒茶屋の一つに数えられるまでになりました。当時、上京して銀座で大阪料理の割烹を経営していた先代(岡副鉄雄様)が譲り受け、戦後「料亭金田中」として再出発し、以後四代にわたり花柳界の料亭文化を発展継承され現在に至っておられます。

 伝統と格式のある真・行・草のコンセプトで演出された八つの部屋(140名)と茶室で構成されており、政財界人及び海外からの要人等、各界を代表するお客様の接待とおもてなしに利用されています。この最高の舞台で四季折々の食材を吟味し、永年培われた技術を発揮して調製された本格的な日本料理を、名器に盛り付けて提供するのは現代の名工、本会副会長で料理長の松本昇氏です。

 「新ばし 金田中」様のますますのご繁栄をお祈り申し上げます。

「新ばし金田中」

〒104-0061 東京都中央区銀座7-18-17
【電話】03-3541-2556
【交通】日比谷線東銀座駅下車徒歩5分

調理師の求人・求職

二〇二一年

三月の賛助店

二月の賛助店

一月の賛助店

二〇二〇年

十二月の賛助店

十一月の賛助店

十月の賛助店

九月の賛助店

八月の賛助店

七月の賛助店

六月の賛助店

五月の賛助店

四月の賛助店

三月の賛助店

二月の賛助店

一月の賛助店

二〇一九年

十二月の賛助店

十一月の賛助店

十月の賛助店

九月の賛助店

七月の賛助店

六月の賛助店

五月の賛助店

四月の賛助店

三月の賛助店

二月の賛助店

一月の賛助店

二〇一八年以前の賛助店めぐりは以下からご確認ください。