今月の絵献立

「青陽の食い切り料理」副会長 飯塚 均(浅草ビューホテル)

前菜
  • 柚子釜に、適宜に庖丁した河豚白子を入れ、吸い地に数滴塩魚汁をきり、薄葛餡とした物を張り、コンロで火を入れた後、芽葱・生うに・柚子胡椒を盛り付け、器に移します。
  • 餅に唐墨を挟み両面を焼き、上りに濃口醤油を刷毛で塗ります。
  • 鮑を磨いて3時間塩蒸しとし、酢橘を添え供します。
椀盛
  • 和牛ロースを薄めにスライスし、吸い地で火を通し、お椀に盛り付けます。黄韮・韮・長葱・人参・三つ葉・独活(うど)を適宜に庖丁し、吸い地で茹でた牛ロースの上にたっぷり盛り付け、別に沸かした吸い地を張り、生黒胡椒数個を口とします。
造り
  • 墨烏賊は柵取りし、庖丁を細かく利かせてそぎ身とし、鮪は角切りに、平政を平作りとして盛り付けます。
焼物
  • 海老芋は円形に剥いて茹でた後、薄めに含めて葛を打ち、フライパンで油焼きにします。フォアグラに葛を打ち、同様に油焼きとし、味醂2、濃口醤油1を絡めて盛り付け青唐を添えます。
焚き合せ
  • 胡麻豆腐は昆布出汁8杯、葛1杯、当り胡麻1杯を合わせ良く練り込み、程よく練り込んだ頃、酒をきり、塩を少々加えて再度練り込んだ物を使用します。
  • 鱶鰭は、吸い地に葱・生姜を加えた地で1時間ほど蒸し煮した物を次の合わせ地でもう一度、1時間含めます。(長葱を入れた一番出汁1,800cc、濃口醤油90cc、味醂45cc、オイスターソース45cc、砂糖小さじ3杯、塩小さじ1杯、葱油小さじ3杯)また、この地に葛を引いて餡とします。椎茸を含め、富貴を色良く茹で、胡麻豆腐・鱶鰭・椎茸・富貴を盛り付け、先の餡を掛けておろし生姜を添え、供します。
油物
  • 金時人参の皮を剥いて茹で、吸い地のしんみり程に含め裏漉しし、全卵と小麦粉を繋ぎとし、茹でた車海老をぐる剥きにし、適宜庖丁して人参と和えてコロッケとします。海老ソースを敷き、盛り付けます。
    海老ソースの割合
    ・車海老頭…10尾分 ・小角玉葱…2分の1個 ・小角人参…2分の1本 ・セロリ…2分の1本 ・トマトホール…400g ・オリーブオイル…15g ・大蒜…1片分 ・マデラ酒…45g ・ローリエ…1枚 ・生クリーム…30g ・西京白漉し味噌…20g ・塩…2g・胡椒適宜
  • 鍋にオリーブオイルと大蒜を入れ弱火にかけ、大蒜の香りが出てくるまでじっくり炒めます。大蒜の香りが出たら火を強め、車海老の頭を炒めます。色が変わり、香ばしさが出てくるまで炒めます。海老をしっかり炒めたらマデラ酒を加え、アルコール分を飛ばします。小角にした玉葱、人参、セロリを加え炒めます。玉葱がしんなりするまで炒めます。トマトホール・ローリエ・塩・胡椒・西京味噌を加え、20~30分ほど煮込みます。煮込む前と比べて、水分が半分くらいの量になるまで煮込みます。途中で、麺棒やみやじまなどを使い海老の殻を潰し旨みを出します。ローリエを取り出し、ソースを裏漉しで漉します。ソースを小鍋に移し、火にかけます。沸騰したら弱火にして生クリームを加え、塩胡椒で味を調えます。
酢物
  • 香箱蟹を茹で、全てむき身とし甲羅に胸の身と打ち子を混ぜて盛り付け、その上に足の身を並べ、外子をあしらい蟹酢を添えて供します。
調理師の求人・求職

二〇二一年

三月の絵献立

二月の絵献立

一月の絵献立

二〇二〇年

十二月の絵献立

十一月の絵献立

十月の絵献立

九月の絵献立

八月の絵献立

七月の絵献立

六月の絵献立

五月の絵献立

四月の絵献立

三月の絵献立

二月の絵献立

一月の絵献立

二〇一九年

十二月の絵献立

十一月の絵献立

十月の絵献立

九月の絵献立

八月の絵献立

七月の絵献立

六月の絵献立

五月の絵献立

四月の絵献立

三月の絵献立

二月の絵献立

一月の絵献立

二〇一八年以前の絵献立は以下からご確認ください。